タイトル等
明和電機 ナンセンス=マシーンズ展2006
会場
鹿児島県霧島アートの森
会期
2006-07-21~2006-09-03
休催日
月曜日(8/14は休館)
開催時間
9:00~17:00
夏休み期間の土・日、7/22~8/27は19:00まで
入園は18:30まで
観覧料
一般800(600)円 高大生600(400)円
小中生400(300)円
( )内は前売りまたは20人以上の団体料金
主催者
鹿児島県文化振興財団 霧島アートの森
南日本新聞社 KTS鹿児島テレビ
概要
明和電機は1993年結成以来、魚をモチーフにしたオリジナル製品「魚器(NAKI)シリーズ」、100Vの電気で動く楽器「ツクバ(TSUKUBA)シリーズ」、社長(土佐信道)のソロワークとしての「エーデルワイス(EDELWEISS)」など、まさにナンセンスな機械を次々に発表してきました。本展では、明和電機のこれまでの代表作とともに、2006年より新たに始まった新シリーズ「明和電機のある暮らし(ARCLASSY)」もアートの森の空間に合わせて初めて展観します。また、ミニライブやトークショー、社長サイン会、ワークショップ、明和電機の制服を着ての写真撮影など楽しいイベントもありますので、これまでの常識を越えたナンセンス=マシーンの世界をどうぞ全身でお楽しみください。

展示内容
全約120点
「魚器(NAKI)」シリーズ
ハンマーヘッド、ハリセンボンブ、コイ・ビートなどAからZまでの「型番」の26製品

「ツクバ(TSUKUBA)」シリーズ
パチモク、コイ・ビート、タラッター
コトタマなど100ボルト電流を使う電動楽器

「明和電機のある暮らし(ARCLASSY)」シリーズ

生活をテーマにした新シリーズ
「エーデルワイス(EDELWEISS)」
ニュートン銃、花サバオ、デカサバオ
プードルズなど土佐信道個人の新プロジェクト

<明和電機>
土佐信道プロデュースによるアート・ユニット。「明和電機」の名前は、父親が以前経営していた会社名に由来する。社訓に「やったもんがち、とったもんがち」を掲げ、作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼び、テレビ番組への出演やグッズの開発など、これまでのアートの枠組みを越えた幅広い活動を展開している。また、海外での大規模な展覧会への参加、ライブなども行い、まさに世界中が注目する総合アート・ユニットである。
ホームページ
http://open-air-museum.org/ja/
展覧会問合せ先
0995-74-5945
会場住所
〒899-6201
鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
交通案内
鹿児島中央駅から

JR日豊本線+肥薩線(隼人駅乗り換え)、または観光特急「はやとの風」にて「JR栗野駅」下車。
湧水町営ふるさとバス、またはタクシーで霧島アートの森へ。
(タクシーで約20分)
■ JR鹿児島中央駅(特急「はやとの風」)~栗野駅 (約80分)
■ JR鹿児島中央駅~隼人駅乗り換え~栗野駅 (約90分)

鹿児島溝辺空港から

空港リムジンバス「南国交通 大口・水俣行き」にて「いきいきセンターくりの郷」下車。
湧水町営ふるさとバス、またはタクシーで霧島アートの森へ。
(タクシーで約20分)
■湧水町営ふるさとバス (約20分~40分)

九州自動車道 栗野ICから

九州自動車道「栗野IC」から、霧島アートの森へ約20分。
■鹿児島北I.C~栗野I.C (約56km、約40分)
■栗野I.C~霧島アートの森 (約12km、約20分)
ホームページ
http://open-air-museum.org/ja/
鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索