タイトル等
特別企画展:アルバムに見る幕末・明治の写真
-上野彦馬撮影局(スタジオ)開業初期アルバム大公開-
会場
尼崎市総合文化センター 美術ホール
会期
2007-05-19~2007-06-17
休催日
毎週火曜日(5/22・5/29・6/5・6/12)
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般500(400)円 大・高生400(300)円 中・小生300(200)円 ( )は前売り料金 団体、シニア、身体障害者等割引あり
主催者
(財)尼崎市総合文化センター・毎日新聞社
概要
日本人が日本人を撮影することに初めて成功してから、今年で150年になります。特別企画展では、こうした幕末・明治の写真師たちが苦学の末に写しあげた写真の一端をご紹介します。 今回は、写真の開祖上野彦馬が文久2(1862)年に長崎で開業したスタジオ「上野撮影局」で撮影された珍しい写真が多数収められたアルバムを取り上げます。これらの写真は、およそ元治元(1864)年から慶応2(1866)年の間に撮影されたもので、アルバムの成立過程や、全体の構成、被写体など未だ多くの謎と情報を秘めており、当時の文化風俗を読みとる資料としても大変貴重なものです。 本展では、このアルバムに収められた写真全187点を一挙に公開します。これまでは断片的にしか公開されることのなかったアルバムの全貌を伝える、初の企画です。また、主に海外向けの土産用として明治初期から中期にかけて流行した、装丁の美しい「蒔絵」アルバムなども展示し、アルバムに見る当時の写真文化もあわせて紹介します。
ホームページ
http://www.archaic.or.jp
展覧会問合せ先
文化課 06-6487-0806
会場住所
〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
交通案内
◎ 電車・バスでお越しのお客様
[阪神尼崎駅]
北東に立体遊歩道で徒歩約5分
[JR 尼崎駅]
自動車 約6分
阪神バス(尼崎市内線) 南側4番のりば23系統乗車→「尼崎総合文化センター」下車すぐ
[阪急塚口駅]
阪神バス(尼崎市内線) 13系統乗車→「昭和通」下車 徒歩約5分
[阪急園田駅]
阪神バス(尼崎市内線) 11・22・23系統乗車→「尼崎総合文化センター」下車すぐ
[阪急武庫之荘駅]
阪神バス(尼崎市内線) 15・43系統乗車→「昭和通」下車 徒歩約5分

※旧尼崎市営バスの全路線は、平成28年3月20日から阪神バス株式会社が運行しています。乗車する際は、阪神バス 尼崎市内線をご利用ください。

[阪神バス (阪神線)]
「尼崎文化センター前」下車すぐ
[阪急バス]
「尼崎総合文化センター」下車すぐ

◎ 自動車でお越しのお客様
[名神高速道路]
尼崎インターチェンジより 約7分
[阪神高速道路 神戸線]
大阪方面から 「尼崎東出口」より約7分
神戸方面から 「尼崎西出口」より約11分
[阪神高速道路 湾岸線]
大阪方面から 「中島出口」より約11分
神戸方面から 「尼崎東海岸出口」より約10分
ホームページ
http://www.archaic.or.jp/
会場問合せ先
尼崎市総合文化センター 総合受付 TEL 06 (6487) 0800
午前9時から午後7時まで(毎週火曜日、年末年始、その他の休館日を除く)
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索