タイトル等
織田一磨展
石版に描かれた都市風景
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2007-04-03~2007-05-13
休催日
会期中の休館日:4月25日(水)
開催時間
10:00~19:30
観覧料
100円(但し、小学生以下・65歳以上・障害者は無料)
主催者
武蔵野市立吉祥寺美術館
概要
織田一磨(1882-1956)は、商業的な石版術を手がけた後、33歳で本格的に石版画家として歩み始め、多くの都市風景を描きました。また、日本創作版画協会の発起人となり、版画を実用的な印刷物から切り離して芸術の一分野として確立する運動に力を注ぎました。 「自画石版」にこだわり、石版画の技術を駆使して芸術性豊かな作品の数々を生み出しました。本展では『東京風景』、『大阪風景』、『画集銀座』、『画集新宿風景』等から66点を展示・紹介します。 石版画の魅力とともに、都市の文化や風俗の変遷もお楽しみください。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html
展覧会問合せ先
0422-22-0385
会場住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
交通案内
JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」下車徒歩約3分。
美術館専用の駐車場はありません。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索