タイトル等
サヴァリン・ワンダーマン・コレクション ジャン・コクトー展
会場
岩手県立美術館
会期
2006-04-08~2006-05-21
休催日
月曜日(祝日にあたる月曜日は開館)
開催時間
10:00~19:00(入館は18:30まで)
観覧料
一般800(650)円 高校・学生500(400)円
小・中学生300(250)円
( )内は20名以上の団体料金
企画展の観覧料で常設展もご覧になれます
主催者
岩手県立美術館、めんこいテレビ、マ・シェリ
概要
1889年、パリ近郊の裕福な家庭に生まれたコクトーは、ベル・エポックと呼ばれ、さまざまな芸術が開花した20世紀初頭のパリで青年期を過ごしました。幅広い交友関係のなから芸術的才能を発揮して早くから詩人として文学界にデビュー。しかし、少年期の体験から“死”を意識するようになり、生涯を通じてパートナーや恋人を求め、阿片も常用しました。そんなコクトーは人生を脱皮の繰り返しと考え、映画、演劇、絵画など次々と活躍の場を広げながら孤独な自らを表現し、1963年に亡くなるまで独自の美学で芸術界に刺激を与えつづけました。
本展は、コクトーの世界最大の個人コレクターのサヴァリン・ワンダーマン氏の所蔵から絵画、写真、陶芸など255点を厳選し、コクトーの繊細でしなやかな感性から生み出された芸術に触れようとするものです。またコクトーを日本に紹介した堀口大學にコクトー自身が贈った数々の貴重な書籍も特別出品します。
“死と再生”を意識し、死と隣りあわせの“いのち”を見つめつづけたコクトー。そうしたコクトーの芸術は、自分自身への純粋な生き方を貫いた一人の芸術家としての生きざまを示しているのではないでしょうか。

出品点数:255点
サヴァリン・ワンダーマン・コレクション
+25点(堀口大學文庫)
ホームページ
http://www.ima.or.jp
展覧会問合せ先
Phone.019-658-1711 Fax.019-658-1712
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索