タイトル等
ロダン-創造の秘密
会場
岩手県立美術館
会期
2006-09-23~2006-11-05
休催日
月曜日(祝日にあたる月曜日は開館)
開催時間
10:00~19:00(入館は18:30まで)
観覧料
一般1000(800)円 高校・学生600(500)円
小・中学生400(300)円
( )内は20名以上の団体料金
企画展の観覧料で常設展もご覧になれます
主催者
岩手県立美術館、読売新聞東京本社、テレビ岩手
フランス国立ロダン美術館、美術館連絡協議会
概要
近代において最も著名な彫刻家、オーギュスト・ロダン。印象派の画家クロード・モネと同じ年、1840年に生まれたロダンは、1864年《鼻のつぶれた男》でサロン出品をめざし落選、さらに1877年に発表した《青銅時代》で議論の的となりましたが、徐々に評価を確立、《地獄の門》や《カレーの市民》などのモニュメンタルな大作の注文を受けました。1900年にはパリで開催された万国博覧会の会場近く、アルマ広場の特設パヴィリオンで個展を開催し、名声を確立しました。
日本に初めてロダンの作品がもたらされたのは1911年、雑誌『白樺』の同人たちがロダンの古稀のお祝いに浮世絵を贈ったところ、ロダンから3体の小像が返礼として届いたということです。その後、第二次世界大戦後には国立西洋美術館、近年では静岡県立美術館がロダンの大コレクションを所蔵するとともに、展覧会も繰り返し開催されて多くの愛好家に親しまれています。
近年、国立ロダン美術館が中心となってロダンが制作した多くの石膏作品の研究を進めてきました。その結果、これまでほとんど知られていなかったロダンの実験的な面が明らかになり、ロダンの創造過程において果たした石膏の役割が注目されるようになってきました。しかし石膏による作品は、これまで日本ではあまり公開されたことはありませんでした。「ロダン-創造の秘密」展には、フランス国立ロダン美術館の全面的な協力により彫刻147点、素描10点、版画8点、写真26点が出品されます。「白と黒の新しい世界」という展覧会のサブタイトルが示すように、石膏作品(=白)をよく知られたブロンズなどの作品(=黒)と対比することによりロダンの知られざる世界を紹介する、過去に類を見ない大規模なロダン展となります。

出品点数:彫刻147点、素描、版画、写真など44点
ホームページ
http://www.ima.or.jp
展覧会問合せ先
Phone.019-658-1711 Fax.019-658-1712
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索