タイトル等
エコール・ド・パリ展-素朴と郷愁-
会場
兵庫県立美術館
会期
2006-10-18~2006-12-17
休催日
月曜日休館
開催時間
午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)
入場は閉館30分前まで
観覧料
一般1300(1100)円 大・高生900(700)円 中・小生500(300)円
( )は前売料金及び20名以上の団体料金
大高生は3名以上で団体割引料金を適用
主催者
兵庫県立美術館 産経新聞社 神戸新聞社
概要
20世紀前半、パリは、世界各地からやってきた若い芸術家たちの出会いの場となり、その交流から様々な芸術が生まれました。イタリアからモディリアーニ、ロシアからはシャガール、日本からは藤田嗣治がこの時代のパリに来て、それぞれ個性豊かな芸術を生み出しました。この一群の画家をエコール・ド・パリ(パリ派)と呼びます。
エコール・ド・パリの美術家たちは、20世紀絵画の先駆者ルソーやドランのプリミティヴ(原始的、素朴)な表現への志向を受けつぎ、生命感に満ちた純粋さと、異邦人としての郷愁と哀感を抱えた作品を制作しました。
この展覧会では、こうしたプリミティヴな表現志向を切り口として、エコール・ド・パリの芸術を紹介します。モディリアーニ、藤田嗣治、シャガール、スーティン、パスキンらの油彩画を中心に、彫刻、水彩などとともに25作家約80点を展示します。
また、当時のアトリエやカフェ、画家の生活などをしのばせる多様な写真資料、関係者のインタビューを含む貴重な映像も紹介し、華やかな時代におけるパリの芸術家たちの様子を立体的に紹介します。
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/
展覧会問合せ先
兵庫県立美術館 Tel.078-262-0901
会場住所
〒651-0073
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
交通案内
■ 阪神 岩屋駅(兵庫県立美術館前)から 南に徒歩約8分
■ JR神戸線 灘駅南口から 南に徒歩約10分
■ 阪急神戸線 王子公園駅西口から 南西に徒歩約20分
■ JR 三ノ宮駅から、神戸市バス(29、101系統)・阪神バス(HAT神戸行)にて約15分 「県立美術館前」下車すぐ
■ 地下駐車場 (乗用車80台収容・有料)
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索