タイトル等
企画展 岡山ゆかりの文化財
-閑谷学校と藩校を中心に-
会場
林原美術館
会期
2007-02-17~2007-03-25
休催日
毎週月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日)
開催時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般300円 高校生200円 中・小学生100円 友の会会員 無料
団体20名以上は2割引
65歳以上を証明できるもの、障害者手帳、
岡山県郷土文化財団会員証をお持ちの方は2割引
概要
現在、教育は日本の大きな課題となっていますが、本展では岡山の公教育の原点を探るべく、閑谷学校と藩校の2つの「学校」に焦点を絞った展示を行います。
これらの学校の創立に関わった名君池田光政や熊沢蕃山、光政が師と仰いだ中江藤樹、藩学校奉行の市浦毅斎の書跡をはじめ、約20年ぶりの公開となる、閑谷学校のお茶室「黄葉亭」にまつわる「黄葉亭記」(頼春水・浦上春琴・頼山陽筆)など、地元岡山に関係の深い作品を展示します。
ホームページ
http://www.hayashibara-museumofart.jp/
展覧会問合せ先
TEL086-223-1733 FAX086-226-3089
会場住所
〒700-0823
岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
交通案内
■JR岡山駅から 徒歩25分
■岡電バス/ 岡電高屋行 県庁前下車 徒歩3分
■宇野バス/ 瀬戸駅前行・四御神行 県庁前下車 徒歩3分
■市内電車/ 東山行 県庁通下車 徒歩7分
■循環バスめぐりん/ 県庁線、県庁・京橋線(Cルート) 県庁前下車 徒歩3分
ホームページ
http://www.hayashibara-museumofart.jp/
岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索