タイトル等
高松市美術館コレクション展Ⅱ 東西芸術家の出会い
会場
高松市美術館
会期
2007-01-12~2007-01-28
休催日
月曜日
開催時間
火~金曜日9:30~19:00 土・日曜日・祝日9:30~
17:00
入室はいずれも閉館30分前まで
観覧料
一般500(400)円 高・大生300(240)円 小・中生無料
会期中の土曜日は高校生無料
( )は前売及び団体20名以上料金
65歳以上の方[長寿手帳等が必要]身体障害者手帳
療育手帳等をお持ちの方は無料
主催者
高松市美術館
概要
このたびの高松市美術館コレクション展では「東西芸術家の出会い」と題し、日本と欧米の芸術家間の交流や影響関係などを、当館の所蔵作品約180点によりご紹介します。
1938~40年滞欧した猪熊弦一郎と、彼に感化を与えたピカソ、マチス。1936年糸を張りメカニックな抽象レリーフ「カラカラ」を作り出した斎藤義重と、その創作に多大な影響を与えたマレーヴィチ、リシツキーらロシア構成主義の作家たち。1952年渡仏した当初鳥や猫をモチーフにユーモラスな絵画を描いた菅井汲と、その作風に影響を与えたクレー、ミロ。シュルレアリスムの特異なデッサンを試みた瀧口修造と、瀧口が関心を抱いていたエルンスト、タンギーらシュルレアリストたち。レインボーの画家・靉嘔と、彼が参加した60年代の前衛グループ・フルクサス。80年代以降の絵画シーンをリードする大竹伸朗と、彼が親交を結んだ英国の画家ホックニー。アニメなどから引用したアイコンを自在に操り独自の日本的ポップを展開する村上隆と、モンローなどの大衆的アイコンを用いる元祖ポップ・アーティスト、ウォーホル・・・
日本と欧米の芸術家たちのさまざまな形の出会い。それらが日本の現代美術の世界を多様性に富み、魅力あるものにしているということを、本展を通して感じていただければ幸いです。
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kyouiku/bunkabu/bijyutu/
展覧会問合せ先
高松市美術館 Tel. 087-823-1711
会場住所
〒760-0027
香川県高松市紺屋町10-4
交通案内
■ 車で
高松中央ICから
県道43号線を北へ約4km、県道155号を西へ約1km、国道11号を北へ約1km 美術館通りへ

高松西ICから
県道178号を北へ約2km、国道11号を東へ約4km、上天神交差点を北に約4km 美術館通りへ

■ 飛行機で
高松空港から
高松空港リムジンバス 「兵庫町」下車 約30分 750円 徒歩約4分

■ 電車で
JR 高松駅から
徒歩約15分 中央通りを南へ

ことでん 片原町駅から
徒歩 片原町商店街、丸亀町商店街を約10分

■ バスで
・JR高松駅から ショッピング・レインボー循環バス西廻り
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から 東方面下り、南方面下りほか(通勤特急など除く)
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から まちバス
「丸亀町参番街」下車 100円 徒歩約3分

・高速バス
「県庁通り」下車 徒歩 約8分 中央通りを北へ

■ 自転車・バイクで
無料地下駐輪場
美術館通り(美術館北側の通路及び、美術館西側の通路) からスロープを下った位置に入口がございます。
ご利用時間は、美術館の開館時間に準じます。
大型二輪でお越しの方は、駐輪場をご利用いただけません。受付までお申し出下さいませ。
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/
香川県高松市紺屋町10-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索