タイトル等
III 近代高岡の彫金-花鳥から幾何学文様へ
会場
高岡市美術館
会期
2006-11-03~2007-04-01
休催日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
開催時間
午前9時30~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般210(160)円 大学生・高校生150(120)円
( )は20名以上の団体料金
小学校・中学校・ろう学校・養護学校の児童・生徒は無料
65歳以上の一般個人:20%割引
概要
高岡で盛んな金属工芸分野から、今期は彫金を特集し、近代史と技法を概観します。
彫金とは、金属製の器物の表面に文様を彫ったり(毛彫、片切彫など)、ほかの金属を嵌め込んだり(象嵌)する技法です。当館は、明治期の金工作品を多数所蔵しており、細密な花鳥や人物図案を見ることができます。大正から昭和戦前の彫金作品は、明治時代のように図案が器全面を覆うことはなく、図柄が整理されて具象の中に新工夫がみられます。戦後、日本伝統工芸展が発足し、昭和35年(1960)から公募制となると、高岡から多数の作家たちが出品して一勢力をなしました。作家たちの交流の中から高岡様式(スタイル)ともいえる幾何学文様の世界が展開されてきたのです。
郷土で制作された彫金の名作の数々を、ぜひご鑑賞ください。
ホームページ
http://www.e-tam.info/
展覧会問合せ先
TEL:0766-20-1177
会場住所
〒933-0056
富山県高岡市中川1-1-30
交通案内
■電車、バスをご利用の方
新高岡駅より
富山駅行バス(高岡駅経由)「中川」下車、徒歩2分

高岡駅より
徒歩:約20分 (北東約2km)
JR氷見(ひみ)線:「越中中川 (えっちゅうなかがわ)駅」下車、徒歩2分
バス:職業安定所前行バス「工芸高校前」下車、徒歩1分

■自動車をご利用の方
能越自動車道:
高岡北ICから約10分 / 高岡ICから約15分
北陸自動車道:
小杉(こすぎ)ICから約20分 / 高岡砺波(となみ)スマートICから約20分
ホームページ
http://www.e-tam.info/
富山県高岡市中川1-1-30
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索