タイトル等
日本画の最前線
-富山・俊英作家たちの軌跡-
会場
高岡市美術館
会期
2007-02-17~2007-03-25
休催日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
開催時間
午前9時30~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般700(560)円 高校・大学生500(400)円
小・中学生300(240)円
( )は20名以上の団体料金
概要
岡田繁憲(南砺)、西藤哲夫(高岡)、尾長良範(氷見)は、富山県に根を下ろし躍進を遂げてきた日本画壇の俊英です。彼らは、それぞれ日展、院展、創画展という、日本を代表する日本画の団体展で、活発な発表活動を行ってきました。
本展では、県内で公開される機会の少ない、中央展での受賞作や出品作をはじめ、代表作を一堂に展示します。日本画の最前線を歩み続ける3人の軌跡をご鑑賞ください。会期中、日本画の多様なあり方や可能性をテーマに、芸術家を目指す若者たちへの示唆となるようなシンポジウムも開催します。
ホームページ
http://www.e-tam.info/
展覧会問合せ先
TEL:0766-20-1177
会場住所
〒933-0056
富山県高岡市中川1-1-30
交通案内
■電車、バスをご利用の方
新高岡駅より
富山駅行バス(高岡駅経由)「中川」下車、徒歩2分

高岡駅より
徒歩:約20分 (北東約2km)
JR氷見(ひみ)線:「越中中川 (えっちゅうなかがわ)駅」下車、徒歩2分
バス:職業安定所前行バス「工芸高校前」下車、徒歩1分

■自動車をご利用の方
能越自動車道:
高岡北ICから約10分 / 高岡ICから約15分
北陸自動車道:
小杉(こすぎ)ICから約20分 / 高岡砺波(となみ)スマートICから約20分
ホームページ
http://www.e-tam.info/
富山県高岡市中川1-1-30
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索