タイトル等
ロダン-創造の秘密
会場
静岡県立美術館
会期
2007-02-04~2007-03-25
休催日
毎週月曜日(祝日・休日の場合は開館し、翌日休館)
開催時間
午前10時~午後5時30分(展示室への入室は午後5時まで)
観覧料
一般・大学生1100(900)円 小・中・高生500(400)円
( )内は20名以上の団体料金
概要
ロダンといえば、皆さんは、重厚な「黒い」ブロンズ作品を思い浮かべることでしょう。しかし、ロダンは、石膏を使った「白い」作品も制作しています。19世紀において、石膏は、ブロンズや大理石作品として発表する前の「原型」として用いられるのが主流でしたが、ロダンは、その特性にいち早く注目し、石膏の作品を中心にした展示をするなど、実験的な試みを行いました。光を反射し、作品にはっきりとした陰影が生まれるブロンズに対して、石膏は光を吸収し、やわらかい凹凸を作り出します。それぞれの素材がもつ性質を見事にいかすことによって、ロダンは独自の世界を築いていったといえるでしょう。
本展は、フランス国立ロダン美術館の全面的な協力のもとに、《青銅時代》、《バルザック》、《地獄の門》など代表作を多数出品する空前絶後のロダン展です。これまで日本でまとまって出品されることのなかった石膏作品59点のほか、ロダン芸術の象徴とも言うべきブロンズ、大理石の作品に、ロダンが自ら収集した古代ローマの美術品などを加えた、彫刻146点で構成されています。あわせて、素描・版画18点、写真26点を展示することで、ロダンの創造の秘密に迫ります。
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
展覧会問合せ先
Tel.054-263-5755
会場住所
〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通案内
●JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(料金100円・20~30分間隔)
●JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または北口から静鉄バスで約30分
●JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分
●静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分
●東名高速道路・静岡IC、清水IC、又は新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
会場問合せ先
◎教務課Tel.054-263-5755 ◎学芸課Tel.054-263-5857 ◎テレフォン・サービスTel.054-262-3737
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索