タイトル等
日曜市-台所から観光名所へ
会場
高知県立美術館
会期
2007-04-07~2007-06-03
休催日
会期中無休
開催時間
9:00~17:00(ご入場は16:30まで)
観覧料
一般700(600)円 大学生500(400)円 高校生以下無料
一般前売600円 ( )は20名以上の団体料金
KoMPal会員[年会費5000円]/年間観覧券[2500円]所持者は無料
主催者
高知県立美術館
概要
南国の土佐の空の下、日曜市があったとさ・・・

高知市の名物“日曜市”は、全国の数ある街路市のなかで、歴史も規模も日本一といわれています。
1690(元禄3)年に4代藩主山内豊昌公が開設日と場所を決め、定期市となったのがその始まりです。当初は、7日、17日・・・と日が定まる日切りの市でしたが、明治時代の太陽暦導入に伴い、開設曜日を決める曜市となりました。場所も転々とし、現在のように追手筋で日曜日に開催するスタイルとなったのは戦後のことです。
日曜市は300年の昔から、高知の人々には新鮮な野菜のある“台所”として親しまれてきましたが、近年は観光名所としても注目され、全国から観光客を集め、「坂本龍馬」「よさこい祭り」と並ぶ人気です。
本展では、「見て歩くだけでも楽しい」日曜市の歴史や魅力を、絵画や古地図をはじめとする多彩な資料で紹介します。

展示内容
1.絵の中の日曜市
西村繁男の絵本「にちよういち」(童心社刊)原画他、絵画に描かれた日曜市を紹介します。

2.歴史の中の日曜市
江戸時代から現在まで開設場所の移り変わりを中心に、古地図、絵巻や屏風絵で日曜市の歴史をたどります。

3.高知名物の日曜市
観光名所としての日曜市をポスターや写真で紹介します。
ホームページ
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
展覧会問合せ先
TEL 088-866-8000 / FAX 088-866-8008
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索