タイトル等
アンジェイ・ワイダ絵コンテ展
ワイダ芸術の舞台裏
会場
久米美術館
会期
2007-03-31~2007-05-13
休催日
月曜日(4/30は開館、5/1[火]休館)
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
4/5.12.19.26、5/10.11日は10:00~20:00
(入館は19:30まで)
観覧料
一般500円 大・高生300円 中・小生200円
団体割引は20名以上各50円引き、
電話でご予約下さい。
主催者
ポーランド大使館、久米美術館
概要
アンジェイ・ワイダ監督は『灰とダイヤモンド』(1958年)をはじめ数々の名作を世に送り出した映画界の巨匠。激動する祖国ポーランドで鋭く時代の問題をえぐる作品をつくりつづけ、それらはカンヌ映画祭のパルム・ドール(1981年)やアカデミー賞特別名誉賞(2000年)受賞にも示されるように、極めて高い国際的な評価を得てきました。
今回、日本とポーランドの国交回復50周年を記念して開催される本展は、ワイダ監督が映画や舞台のために作成した絵コンテ約70点から成っています。絵コンテは、映画や演劇の各場面の構図や動き、イメージを描いたもので、ワイダ監督によるオリジナルの絵コンテが日本で公開されるのは今回が初めてとなります。
公開される絵コンテには、初期の『地下水道』や『灰とダイヤモンド』をはじめ、『愛の記録』や『コルチャック先生』、『聖週間』などの映画とともに、心血を注いだ『婚礼』や坂東玉三郎との協力で出来上がった『ナスターシャ』といった舞台作品のために描かれたものも含まれています。書き込みや美しい彩色からは、シーンの一つひとつに込めた監督の思いが伝わってきます。
ホームページ
http://www.kume-museum.com/
展覧会問合せ先
Tel.03-3491-1510 Fax.03-3491-6617
会場住所
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
交通案内
JR山手線目黒駅西口下車徒歩1分
東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線目黒駅下車徒歩2分
ホームページ
http://www.kume-museum.com
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索