タイトル等
甦るハンガリーの歴史遺産
-グラー二ツ・ミクローシュによる教会写真
会場
久米美術館
会期
2006-10-21~2006-11-19
休催日
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日休館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料
一般500円 大・高生300円 中・小生200円
団体割引は20名以上各50円引き、
電話でご予約下さい。
概要
西暦1000年にキリスト教の洗礼を受け、キリスト教を国の宗教と定めたイシュトヴァーン王は、10の村ごとに一つの教会を作ることを命じました。そのためハンガリーには、11世紀から19世紀にかけて建造された美しい教会が数多く遺され、国の歴史遺産に指定さています。
ハンガリー写真家協会理事会メンバーであり、ハンガリー芸術家全国協会(MAOSZ)の委員を務めるグラー二ツ・ミクローシュ氏(1943年生、ブダペスト出身)は、これら歴史ある教会を撮り続けてきました。構図やカット・色調などを配慮した作品からは、グラー二ツ氏の細やかな感性と深い哲学を感じ取ることができます。
すでにヨーロッパの多くの都市で作品展が開催されてきましたが、この度その作品の中からグラー二ツ氏本人によって厳選された66点の教会写真が日本で初めて公開されました。展示された作品は、写真の専門家や愛好者はもとより、建築・歴史・美術・宗教などに関心を寄せる方々をはじめ、観光旅行の視点から広く一般にも楽しんでいただける展示となりました。
ホームページ
http://www.kume-museum.com/
展覧会問合せ先
Tel.03-3491-1510 Fax.03-3491-6617
会場住所
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
交通案内
JR山手線目黒駅西口下車徒歩1分
東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線目黒駅下車徒歩2分
ホームページ
http://www.kume-museum.com
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索