タイトル等
テーマ展 見てみよう!ガラスのなかを・・・
会場
石川県能登島ガラス美術館
会期
2007-01-20~2007-04-16
休催日
2月20日(火)、3月20日(火)、
開催時間
3月まで 午後9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
4月より 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
個人[高校生以上]800(700)円 中学生以下は無料
( )内は20名以上団体料金
主催者
七尾市、財団法人能登島ガラス美術館振興財団
概要
収蔵品の中から、ガラスのかたまりの中に何かを閉じ込めたり、埋め込んだりして表現したユニークな現代のガラス作品約30点をご紹介します。
ガラスは、約1300度でアメ状にとけ、冷やすと透明なかたまりとなって輝きます。割れたり溶けたりしない限りは永続する存在です。 冷えたガラスのかたまりの内部には、まるで時間の止まった神秘的な異空間が広がっているかのような魅力があります。
このガラスの特性を活かして、広大な宇宙空間や時間の経過を様々に表現した作品、楽しい思い出や深い悩みなどを表現した作品をご紹介します。
この機会に、ガラスのなかを見つめることで、現代のガラス作品の魅力に触れていただければ幸いです。
ホームページ
http://www.city.nanao.ishikawa.jp/glass/
展覧会問合せ先
TEL 0767-84-1175 FAX 0767-84-1129
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索