タイトル等
常設特別陳列 東海道五十三次
-大正漫画絵巻を中心に-
会場
岡山県立美術館
会期
2007-01-30~2007-03-11
休催日
毎週月曜日※2月12日は開館。翌13日(火)が休館。
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般300円 高大生200円 小中学生/65歳以上 無料
団体20名以上は2割引
特別展「東島毅展」会期中(2/9~3/11)は、
別途共通料金でご覧いただけます。
主催者
岡山県立美術館
概要
広重の五十三次の大正時代版を気取って制作された「東海道五十三次漫画絵巻」。これは大正10年(1921)に、18人の新聞漫画家たちによって水彩画風に仕上げられた肉筆の寄書絵巻です。この中には、岡本一平、近藤浩一路、下川凹天らが参加しており、中でも細木原青起(1885-1958)は、岡山県津山市生まれの郷土ゆかりの画家です。今回の特別陳列のきっかけとなったのは、当時150本作られた絵巻のうちの2本が当館に寄託されたこと。各作家の個性豊かな表現を紹介し、あわせて広重の「東海道五十三次」、池田遙邨筆「昭和東海道五十三次」(倉敷市立美術館蔵)も展示します。
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/
展覧会問合せ先
岡山県立美術館Tel.086-225-4800
会場住所
〒700-0814
岡山県岡山市北区天神町8-48
交通案内
・JR岡山駅から 徒歩15分

・路面電車 / 岡山駅前電停 1番乗り場
東山行「城下」下車 徒歩3分

・岡電バス / 岡山駅バスターミナル 1番乗り場
藤原団地行「天神町」下車すぐ

・宇野バス / 岡山駅バスターミナル 11番乗り場
四御神(しのごぜ) / 瀬戸駅 / 片上方面行 「表町入口」下車 徒歩3分

・循環バスめぐりん / 岡山駅前(ドレミの街前)バス停 10番乗り場
県庁・京橋線(Cルート) 「表町入口」下車 徒歩3分
ホームページ
http://okayama-kenbi.info
岡山県岡山市北区天神町8-48
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索