タイトル等
レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像
会場
東京国立博物館
会期
2007-03-20~2007-06-17
休催日
月曜休館[4月30日(月・祝)は開館]
開催時間
午前9時30分~午後5時
観覧料
一般1500[1300/1200] 大学生1200[1000/800]
高校生900[700/500] 中学生以下無料
[ ]は前売/団体20名以上料金の順
障害者とその介護者各1名は無料
(入館の際に障害者手帳等をご提示ください)
主催者
「イタリアの春2007」実行委員会、東京国立博物館、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション
概要
ウフィツィ美術館の至宝「受胎告知」館外初公開!
2007年3月20日から、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作「受胎告知」を中心とする特別展を開催します。
「受胎告知」はルネサンス美術の宝庫、フィレンツェのウフィツィ美術館でも最も重要な作品のひとつです。その67年の生涯で、「彼が中心となって製作し、ほぼ完成させるに至った彩色絵画」はわずか十数点しか現存していません。その最初の記念碑的作品が、この度来日する「受胎告知」なのです。
まだ二十代の若き日に描かれたこの大作は、均衡のとれた構図などに早くも卓越した技量があらわれているだけでなく、彼が後に没頭していく自然への関心をいちはやく示した実験の場ともなっています。ダ・ヴィンチは「受胎告知」を出発点として、それまで人類が経験したことのない知の深淵へと歩みを進めていったのです。
本展覧会では、イタリアが誇るこの至宝をレオナルド・ダ・ヴィンチの創造世界の始まりに据え、模型や映像などを用いて、芸術と科学にわたる広範な試みのすべてを紹介していきます。500年前に生きた一人の人間が成し遂げた偉大な精神活動の記録をあますところなく概観できる、これまでにない展覧会です。

本展は2つの会場で構成されています。
第1会場:本館特別5室
レオナルド・ダ・ヴィンチの出発点となった「受胎告知」を、1974年に「モナリザ」を展示した本館特別5室で特別公開します。

第2会場:平成館特別展示室
人間や自然の真の姿を絵画に表現するため、徹底的な観察や論証を行ったレオナルド・ダ・ヴィンチ。手稿の記述を手がかりに、マルチメディアも利用して広範な精神活動の展開をたどります。

Ⅰ.レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯
Ⅱ.「受胎告知」-思索の原点
Ⅲ.レオナルドの書斎
Ⅳ.「かたち」のとらえ方
Ⅴ.万物の運動
Ⅵ.絵画への結実

手稿については展示映像・展示パネルでの扱いとなります
オリジナルは展示されません
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索