タイトル等
親密な空間、色彩の旅人 鈴木信太郎展
会場
八王子市夢美術館
会期
2006-12-22~2007-02-04
休催日
毎週月曜日(ただし1/8は開館、翌1/9は休館)12/29~1/3
開催時間
午前10時~午後7時(ただし入館は午後6時30分まで)
観覧料
一般400円[320円] 学生(小学生以上)200円[160円]
シルバー割引(65歳以上)200円
[ ]内は15名以上の団体料金
未就学児無料、毎週土曜日は小中学生無料
主催者
(財)八王子市学園都市文化ふれあい財団
概要
鈴木信太郎は、風景をはじめ人形や紫陽花、桃といった親しみやすい題材を色鮮やかな色彩と、童心を思わせる愛らしい画風で描いた洋画家として知られます。戦前から戦後にかけて二科会を中心に作品を発表し、その後一陽会を創立するなど、昭和の洋画壇で活躍した人気の高い画家のひとりです。
明治28年(1895)、鈴木信太郎は東京都八王子市八日町にある裕福な生糸商の家に生まれました。15歳で黒田清輝の主催する白馬会洋画研究所に入所し、大正11年(1922)には27歳で第9回二科展に初入選、以後石井柏亭に師事しながら、二科展に作品を発表し続けて徐々に頭角を現します。戦後は二科会の再興に加わるも、昭和30年(1955)には退会して一陽会を結成、晩年まで精力的に制作活動を続け、平成元年(1989)93歳で逝去します。
幼い頃に病気で体が不自由になった鈴木信太郎は、終生杖や車椅子を必要とする生活を余儀なくされます。しかし、奈良、長崎、北海道、伊豆など全国各地を歩き回り、椅子に腰掛けたり、地面に座りながら製作を行い、生涯を通じて多くの風景画を生み出します。こうした中には対象を低い視点でとらえて描かれた新太郎ならではの独特の風景画があります。また「ざぼん」「桃」「薔薇」「菊」などを題材にした静物画は、特徴のあるフォルムと豊かな色彩で人気の高い作品群です。
久々の大規模な回顧展となる本展では、多くの氏のコレクションを持つそごう美術館や北里研究所、また当館の所蔵する作品を含めて紹介します。地元八王子を描いていた初期から晩年の伊豆時代までの油彩画を中心に約100点で構成、水彩画や人気の高かった小説押絵なども交え鈴木信太郎の80年近い画業の全貌にせまります。
ホームページ
http://www.yumebi.com/
展覧会問合せ先
TEL.042-621-6777 FAX.042-621-6776
会場住所
〒192-0071
東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
交通案内
●JR線「JR八王子駅」下車北口より 徒歩15分。京王線「京王八王子駅」下車 徒歩18分。

●駅よりバスでご来館のお客様は、バス停「八日町一丁目」で下車してください。
高尾・陣馬方面より バスでご来館のお客様は、バス停「八日町四丁目」で下車してください。
※JR八王子駅北口からは 「6~10」番乗り場、京王八王子駅からは「2、3」番乗り場をご利用ください。ただし、急行バスは止まりません。

●車でご来館のお客様は地下駐車場「八日町夢街道パーキング(有料・割引有り)」が最寄りです。
ホームページ
http://www.yumebi.com
東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索