タイトル等
情熱の色 梅原龍三郎
会場
佐野美術館
会期
2006-11-10~2006-12-18
休催日
木曜休館(11月23日(祝)は開館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)
観覧料
一般・大学生1000円 小・中・高校生500円
※15名様以上の団体は2割引
※土曜日は小中学生無料
主催者
佐野美術館、三島市、三島市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送
概要
梅原龍三郎(1888~1986)は、日本の近代洋画を代表する画家としてその名を広く知られています。京都に生まれ、浅井忠の教えを受けた後フランスに渡り、ルノワールに師事、帰国後は二科展や春陽会、国画会の中心として活躍しました。梅原は、80年におよぶ画業のうち、足掛け40年は伊豆を制作の舞台としました。作品制作のため熱海を初めて訪ねたのは28歳のとき。やがて韮山の洋画家柏木俊一から伊豆の景勝地を紹介され、たびたび滞在するようになりました。梅原はルノワールの影響を脱して、自身の画風を確立しようと模索する中、伊豆の豊かな自然と出会い、天性の色彩感覚を解き放ちました。そこに琳派や浮世絵などわが国伝統の描法を取り入れて、夕闇迫る江ノ浦の入り江、緑深き熱海の画室で描かれた裸婦、朝日に染まる大仁の富士など、彩りと装飾性に富んだ無類の作風を開きました。
このたび佐野美術館の創立40周年および梅原の没後20年を記念し、代表作約80点を紹介いたします。伊豆で生まれた豪放にして華麗なる梅原の世界をどうぞご堪能ください。
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
展覧会問合せ先
総務部
会場住所
〒411-0838
静岡県三島市中田町1-43
交通案内
■電車をご利用の場合
○ JR東京駅より 新幹線こだま(58分)→JR三島駅
○ JR名古屋駅より 新幹線こだま(1時間47分)→JR三島駅

JR三島駅南口より
○ 伊豆箱根鉄道線(5分) → 三島田町駅下車 徒歩3分
○ タクシー10分
○ 南へ1.3km左側 徒歩17分

■バスをご利用の場合
JR三島駅南口より
○ 沼津登山東海バス (4番乗り場:新城橋行き又は、大平車庫行き)
○ 三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)で 佐野美術館下車。 庭園内を通って美術館へお越しください。

■お車をご利用の方
東名沼津I.C.、新東名長泉沼津I.C.より 伊豆箱根方面へ8km、三島玉川交差点を左折、二つ目信号を右折、次の角左折 (約20分)
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
静岡県三島市中田町1-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索