タイトル等
版画でめぐるパリ
藤田嗣治とアルベルト・ジャコメッティ
会場
うらわ美術館
会期
2006-09-09~2007-02-18
休催日
月曜日(祝日の場合開館、翌火曜日休館)
開催時間
火曜日~金曜日 午前10時~午後5時(入場は4時30分まで)
土曜日・日曜日 午前10時~午後8時(入場は7時30分まで)
観覧料
無料
主催者
うらわ美術館
概要
26歳の時にフランスにわった藤田嗣治(1886-1968)は「乳白色の肌」の裸婦画を描き、パリの寵児となりました。「パリの画家たちの中でもっともパリジャン」であると言われるほどにパリに溶け込み、晩年にはフランス国籍を取得しています。一方20歳でパリに出たアルベルト・ジャコメッティ(1901-65)は、戦争中に一時故郷スイスに戻ったものの、生涯の40年余りをパリで過ごしました。藤田もジャコメッティも、かけがえのない街としてパリを愛し慈しんだ美術家だと言えるでしょう。この二人は共にパリをモチーフとした挿絵本を制作しています。ジャコメッティは毎日のように行き来していた通りやカフェ、アトリエなどを素早いタッチによりモノクロームのリトグラフに収め、藤田はオペラ座やパレ・ロワイヤル、シャンゼリゼ通りなどセーヌ右岸の名所を織り交ぜながら、様々な風景や風俗を独特の繊細な描写で銅版画に表しました。
この展覧会では、藤田とジャコメッティが愛しんだパリの街を紹介しながら、二つの挿絵本に納められた版画約70点を展示します。二人は一体どのような場所を描いたのでしょうか。作風は全く異なりますが、それぞれにパリの情緒や雰囲気を描き出しています。作品を鑑賞しながら、パリを旅する気分になっていただければ幸いです。なおこの展示は3期にわけて展示替を行い、毎回異なる作品を出品します。

会期
2006年9月9日(土)~10月9日(月祝) 第1期
2006年11月18日(土)~12月24日(日) 第2期
2007年1月5日(金)~2月18日(日) 第3期
ホームページ
http://www.uam.urawa.saitama.jp/
展覧会問合せ先
048-827-3215(代)
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索