タイトル等
吉原治良展 生誕100年記念
会場
宮城県美術館
会期
2006-08-06~2006-10-09
休催日
8月9日(水)、毎週月曜日(ただし8/7、9/18、10/9は開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時 発券は午後4時30分まで
観覧料
一般800円(700)大・高校生400円(300)小・中生300(200)
( )内は20名以上の団体料金
主催者
宮城県美術館、朝日新聞社、東日本放送
概要
常に時代の先端にいて、同時代の美術をリードしてきた吉原治良(よしはら・じろう、1905-1972)は、日本の近・現代美術を代表する画家です。その生誕100年を記念して、吉原の全貌を紹介する回顧展を開催いたします。
吉原治良は、戦前期のみずみずしい静物画の時代を経て、新しい美術傾向の二大潮流だったシュルレアリスムと、抽象表現を一人で横断し実践してきました。戦後は、「具体」グループを率いて、20世紀後半で最も重要な美術運動の一翼を担い、日本美術史上まれにみる存在だったといえます。吉原の足跡は、そのまま現代絵画への軌跡ととらえることができるでしょう。
本展では、吉原治良の代表作を網羅するだけでなく、豊富な未発表資料も含めた約190点の作品によって、そのあくなき創造力と、みずみずしい詩的感性をあますところなく紹介いたします。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/bijyutu/museum/
展覧会問合せ先
宮城県美術館Tel.022-221-2111
会場住所
〒980-0861
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
交通案内
>> 【公共交通機関をご利用の場合】
■ 地下鉄
仙台市営地下鉄 東西線
「国際センター駅」 西1出口から北へ 徒歩7分、
「川内」駅 北1出口から東へ 徒歩7分。

■ 路線バス
仙台駅西口バスプール15番乗り場より
730系統:市営バス川内営業所前行
739系統:(広瀬通経由)交通公園循環
のいずれかに乗車、「二高・宮城県美術館前」下車徒歩3分。
(仙台駅より所要約15分)

■ るーぷる仙台
仙台市内の観光スポットを結ぶ循環型バスです。
当館の最寄りには 「国際センター駅・宮城県美術館前」と「二高・宮城県美術館前」の2度停車します。

>> 高速道路をご利用の場合
東北自動車道・仙台宮城I.C.より仙台方面(仙台西道路)に入り、仙台城跡方面を経由して美術館へ。 I.C.より約15分。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索