タイトル等
近代日本の水彩画
-その歴史と展開-
会場
茨城県近代美術館
会期
2006-07-22~2006-09-03
休催日
毎週月曜日(8月14日(月)の開館日は、展示替えのため休室)
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※企画展開催中の金曜日は午後8時まで開館(茨城県芸術祭美術展覧会を除く)
観覧料
一般830(700)円580(470)円350(230)円
()は20名以上の団体料金
概要
幕末から明治にかけて日本に移入された水彩画は、明治20年代になると、その取扱いの簡便さも手伝って、急速に普及していきます。そして明治末期にかけて、浅井忠をはじめ、水彩画を専門にした三宅克己、丸山晩霞、大下藤次郎らが活躍し、水彩画隆盛の時代を迎えました。
この流れをうけつつ、大正期には、日本水彩画会が発足(大正2年)し、同会の画家たちが活躍するようになる一方、古賀春江、萬鉄五郎といった大正期の個性派と呼ばれる画家たちも同会に作品を寄せ、岸田劉生、村山槐多らもすぐれた水彩画を残します。
そして昭和に入り、水彩画の革新を目指した中西利雄は、描法に新たな取り組みを見せて新風を吹き込み、また小堀進は水彩連盟を創立し(昭和15年)、さらなる展開を繰り広げていきます。
本展は、明治から昭和に至る水彩画の歴史をふりかえり、その変遷と展開をあらためて検証しようとするものです。日本における水彩画の移入期から、太平洋戦争を経て昭和30年頃までの作品約160点により、その流れを紹介します。
これまで当館では、「小堀進と昭和の水彩画」や「中西利雄展」といった水彩画の企画展を開催して参りましたが、本展のように、明治から昭和にいたる水彩画の歴史をたどる展覧会は、これが初めてとなります。誰でも描いたことがあり、親しみやすい水彩画ですが、名作の数々を通じてその多様な表現をじっくりとご覧下さい。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
茨城県近代美術館Tel.029-243-5111
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索