タイトル等
画家と詩人 ヘルマン・ヘッセ展
会場
世田谷文学館
会期
2006-04-15~2006-05-28
休催日
毎週月曜日休館
開催時間
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
観覧料
一般600(480)円/大学・高校生350(280)円/中学・小学生250(200)円/
65歳以上300(240)円
※()は20名以上の団体料金、障害者割引有
主催者
(財)せたがや文化財団 世田谷文学館
概要
「車輪の下」「デミアン」などで知られ、日本人にもっとも親しまれているドイツの詩人・作家のヘルマン・ヘッセ(1877-1962)。創作活動のかたわら、美しい水彩画を描く画家としての顔も持ちました。
文学者として、画家として、人生の達人として-ヘルマン・ヘッセの清明な魂が生んだ芸術世界と知られざるその素顔に触れる絶好の機会です。「日本におけるドイツ年」の一環として開催される本展では、ヘッセ自筆の水彩画55点をはじめ、詩画集、遺品、写真などの貴重な資料と、味わい深いヘッセの言葉を併せて展観します。
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
展覧会問合せ先
03-5374-9111
会場住所
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山1-10-10
交通案内
京王線 芦花公園駅 南口から徒歩5分

小田急線 千歳船橋駅から
京王バス(「千歳烏山駅」行) 「芦花恒春園」下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
東京都世田谷区南烏山1-10-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索