タイトル等
弥生・古墳・飛鳥を考える
-古墳の出現とその展開-
会場
川崎市市民ミュージアム
会期
2006-04-29~2006-06-25
休催日
毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日の場合は開館)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般700円、高大生:400円、中学生以下・65歳以上無料
概要
統一的な国家体制が進行しつつあった、日本の3世紀後半から7世紀は、巨大な墳墓‐古墳‐の築造が行われた時代でした。古墳は墓であるとともに、政治的なシンボルとしての構造物でもありました。
墳墓としての古墳、その時代としての古墳時代は、近年全国的に発掘調査や研究が進んだことによって、これまでとは違った時代像が生まれようとしています。川崎及びその周辺についても、古墳の発生・展開・埴輪の生産と流通などに、新たな発見と考えが生まれています。
本展覧会は、こうした近年の研究成果を織り交ぜながら、古墳の出現とその展開について、全国的な視点から川崎を中心とした南関東の様相を展覧するものです。
また、この企画展は横浜市歴史博物館「弥生の人びとの眠る場所」と府中市郷土の森博物館「あすか時代の古墳」と同時期に開催するもので、弥生時代から飛鳥時代の墓の様相を多面的・大規模に展覧することができるものとなります。
ホームページ
http://www.kawasaki-museum.jp/
展覧会問合せ先
044-754-4500
会場住所
〒211-0052
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
交通案内
武蔵小杉駅 (JR 南武線・横須賀線・湘南新宿ライン、東急東横線・目黒線)から バスで約10分
○ 北口 1番乗り場から 川崎市バス
[杉40] 市民ミュージアム行 終点下車
[杉40] 中原駅行 「市民ミュージアム前」下車すぐ
[溝05] 溝口駅前行 「市民ミュージアム前」下車すぐ
○ 南口「東横線小杉駅」バス停から 東急バス
[川33] 市民ミュージアム行 終点下車
○ 横須賀線口 2番乗り場から 東急バス ※土曜・休日のみ
[杉05] 市民ミュージアム行 終点下車

溝の口駅 (JR 南武線、東急 田園都市線・大井町線)から バスで約20分
○ 北口 3番乗り場から 川﨑市バス
[溝05] 小杉駅行 「市民ミュージアム前」下車 徒歩すぐ
○ 北口 5番乗り場から 東急バス
[溝02] 小杉駅行 「市営等々力グランド入口」下車 徒歩8分

川崎駅(JR)から バスで約40分
○ 西口 北バスターミナル 82番乗り場から 東急バス
[川33] 市民ミュージアム行 終点下車

※当館に専用駐車場はありません。お車でお越しの方は等々力緑地公園内駐車場(有料)をご利用ください。
駐車場ご利用の割引等はございません。
ホームページ
http://www.kawasaki-museum.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索