タイトル等
魅惑のシルクロード展
中央アジアのオアシス都市、ヒワ・サマルカンド・ブハラ、豊穣なる東西文明の交差点
会場
北海道立函館美術館
会期
2006-05-20~2006-07-09
休催日
月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般1000(800)円、高大生600(450)円、小中生400(300)円
※()内は前売りおよび10名以上の団体料金
※ミュージアム・コレクションと同時観覧の場合は、一般1050円、高大生640円(税込)
主催者
北海道立函館美術館、北海道新聞社、魅惑のシルクロード函館展実行委員会
概要
古代から中央アジアのオアシス都市は、東西文明が交差するシルクロード交易路の重要ポイントとして、文化の繁栄を担ってきました。
大ティムール朝が栄えた魅惑のサマルカンド、神秘の都ヒワ、永遠なる古都ブハラ-現在のウズベキスタン共和国に今も残る各都市とその遺跡は、はるか古代の商品たちがたどったシルクロードの足跡を、現代の私たちにも思い描かせてくれます。
また、シルクロード=絹の道という言葉が持つイメージから、さまざまな商品が通過していったという印象を与えがちですが、これらの都市では、絹織物や金工品、陶器をはじめとする美術工芸品も生産されていました。
本展では、ウズベキスタン、タジキスタンなど中央アジアの美術工芸品を中心に、イスラム美術の真髄をご紹介します。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hbj
展覧会問合せ先
函館美術館 Tel.0138-56-6311
会場住所
〒040-0001
北海道函館市五稜郭町37-6
交通案内
市電
「函館駅前」から 湯の川方面乗車
「五稜郭公園前」下車 徒歩7分

バス
「函館駅前」から 函館バス5-1、6-2、50、59、60、105系統、106ループ27、130系統乗車
「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分

タクシー
JR函館駅より 約10分
函館空港より 約20分

※当館ご利用の方は駐車場料金が2時間まで無料になります。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hbj/
北海道函館市五稜郭町37-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索