タイトル等
スティーヴ・マックィーン
-Caresses[愛撫]-
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2006-05-14~2006-07-09
休催日
会期中無休
開催時間
10:00-18:00[最終入館17:30]
観覧料
一般950円(760円) 大学生650円(520円)
高校生以下・丸亀市内に居住する65才以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
( )内は前売り及び20名以上の団体料金(同時開催企画展、常設展観覧料含む)
主催者
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団
概要
スティーヴ・マックィーン(イギリス・1969年-)は1990年代初頭から映像作品の制作をはじめて注目を集め、1999年にターナー賞を受賞、その後も欧米各国で相次いで個展が開催されている、現在最も活躍するアーティストの一人です。
マックィーンは8mmや16mmフィルム、スライドやビデオといった様々な映像媒体を用いて、モノクロからカラー、無音のものから音あるいは言葉が重要な要素となるものまで多様な作品を制作し、さらに扱う事象も社会的な背景を持つものから個人的な関心事まで多岐にわたっています。しかし多くの作品は特筆すべき出来事は何も起こらないまま展開されたり、あるいは断片的な場面が連続し、いずれにしてもはっきりとした筋立てがあり、誰もが共有できる物語は語られていません。そのため作品から明確なメッセージを受け取ることは困難ですが、考え抜かれた編集やアングルの選択などに支えられた映像は、何かが起こりそうな、あるいは起こりつつある印象を鑑賞者に与え、作品への集中を誘います。見る者は行間を読み取ることで、語られていることからさらに想像をめぐらせ、深い思考へと導かれ、また細心の注意をはらって設えられた展示環境や考え抜かれた映写方法、画像の大きさなどは、人々に映像内部と自己とを隔てる境界を見失わせ、映像と一体となる感覚をおぼえさせることでしょう。
本展は近作を通してマックィーンの深遠なる映像世界を紹介するものであり、日本では初の個展となります。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索