タイトル等
狂相曲 シャリヴァリ宮の才人たち
会場
伊丹市立美術館
会期
2006-04-15~2006-06-04
休催日
月曜日(但し4/29、5/3~5/5は開館)
開催時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般 300(240)円
大高生 200(160)円
中小生 100(80)円
※( )は、団体割引料金
主催者
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団
概要
本展で紹介する《パンテオン・シャリヴァリック》シリーズは、ルボーの描いた人物戯画のなかでも最高傑作のひとつです。歴史に名を残す19世紀の諷刺誌「シャリヴァリ」紙上で4年間にわたり本シリーズは掲載され、作品は100点余りにのぼりました。本展ではそのなかから当館で所蔵する約70点を初公開します。古代の汎神殿を意味し、パリでは偉人の霊廟としても有名な「パンテオン」。本シリーズは、「シャリヴァリ」紙をそのパンテオンにみたて、19世紀の花の都パリを彩った画家、彫刻家、小説家、詩人、ジャーナリストなど、芸術に秀でた才人によって埋め尽くされています。戯画化された登場人物は目を奪われるほどユニークで、巨大な頭に、尖った鼻、丸い瞳に、大きな口と、特徴をよく捉えながら多彩な表現で見事にデフォルメされています。自然と各々の個性が伝わってくるのは、ルボーの鋭い観察力と確固たる描写力に支えられているからでしょう。

■「狂相曲」って誤植?:《パンテオン・シャリヴァリック》シリーズを紹介するにあたり、展覧会名を「狂相曲 シャリヴァリ宮の才人たち」展と名づけました。これは、音楽用語の「狂想曲」〔気まぐれの意、形式が一定せず自由な機知に富む小品、カプリース〕のように、才人たちが次から次へと表情豊かにユーモアあふれた姿で登場してくる様に着想を得たものです。また「狂言」「狂歌」というように「狂」という文字には「滑稽」「戯ける」という意味が含まれており、戯画や漫画のことを江戸時代では「狂画」とも呼びました。ルボーの絵は見るからに楽しく、現代の漫画に通じるセンスさえあります。
ユーモアに満ちたシャリヴァリ宮に名誉(?)の殿堂入りを果たした、当時の才人総勢約70名による夢の饗宴を是非ご覧ください。
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
展覧会問合せ先
Tel.072-772-7447
会場住所
〒664-0895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
交通案内
阪急伊丹駅より徒歩北東へ約9分 JR伊丹駅より徒歩北西へ約6分
阪急バス伊丹中央停留所より徒歩北へ約3分
阪神高速11号池田線 豊中北ICより約15分
名神高速 尼崎ICより約20分
中国自動車道 中国豊中ICより約20分・宝塚ICより約30分
専用駐車場なし(宮ノ前地下有料駐車場等をご利用ください)
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索