タイトル等
両洋の眼展
2006心に残る美術展
会場
尼崎市総合文化センター 美術ホール
会期
2006-05-20~2006-06-18
休催日
毎週火曜日
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 600(500)円
大高生 500(400)円
中小生 300(200)円
※( )内は前売り料金。団体、シニア、身体障害者等割引あり。
主催者
(財)尼崎市総合文化センター、両洋の眼委員会、毎日新聞社
概要
西洋、東洋を問わず、ひろく両洋をみる。これが「両洋の眼展」の根底にあるテーマです。1990年に美術評論家の故・河北倫明氏によって提唱され、その翌年から日本画・洋画をひとつの眼差しでみる展覧会という具体的なかたちとなって両洋の眼展は始まりました。通算17回目を迎える本展は、当センターにとって2年ぶり、6回目の開催となります。
今回の「河北倫明賞」には、吉原英雄氏、広田稔氏、牧進氏の3氏が選出されました。また70余名のうち、10名が本展初参加となっており、例年とはまたひと味違った表現の彩りを感じ取っていただけることと存じます。
私たちは作品と対するとき、とかく素材や技法にとらわれがちですが、肩の力を抜いて作家と同じ自由な視点で作品と向かい合うことで、心に残る何かを見つけることができます。本展が、こうした楽しみ方の一助となれば幸いです。
ホームページ
http://www.archaic.or.jp
展覧会問合せ先
文化課 06-6487-0806
会場住所
〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
交通案内
◎ 電車・バスでお越しのお客様
[阪神尼崎駅]
北東に立体遊歩道で徒歩約5分
[JR 尼崎駅]
自動車 約6分
阪神バス(尼崎市内線) 南側4番のりば23系統乗車→「尼崎総合文化センター」下車すぐ
[阪急塚口駅]
阪神バス(尼崎市内線) 13系統乗車→「昭和通」下車 徒歩約5分
[阪急園田駅]
阪神バス(尼崎市内線) 11・22・23系統乗車→「尼崎総合文化センター」下車すぐ
[阪急武庫之荘駅]
阪神バス(尼崎市内線) 15・43系統乗車→「昭和通」下車 徒歩約5分

※旧尼崎市営バスの全路線は、平成28年3月20日から阪神バス株式会社が運行しています。乗車する際は、阪神バス 尼崎市内線をご利用ください。

[阪神バス (阪神線)]
「尼崎文化センター前」下車すぐ
[阪急バス]
「尼崎総合文化センター」下車すぐ

◎ 自動車でお越しのお客様
[名神高速道路]
尼崎インターチェンジより 約7分
[阪神高速道路 神戸線]
大阪方面から 「尼崎東出口」より約7分
神戸方面から 「尼崎西出口」より約11分
[阪神高速道路 湾岸線]
大阪方面から 「中島出口」より約11分
神戸方面から 「尼崎東海岸出口」より約10分
ホームページ
http://www.archaic.or.jp/
会場問合せ先
尼崎市総合文化センター 総合受付 TEL 06 (6487) 0800
午前9時から午後7時まで(毎週火曜日、年末年始、その他の休館日を除く)
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索