タイトル等
栄光の大ナポレオン展
文化と光彩と人間のロマン
会場
東京富士美術館
会期
2005-11-03~2005-12-23
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後5時(午後4時30分受付終了)
※毎週土曜日は夜間開館(午後8時まで、午後7時30分受付終了)
観覧料
大人 1,200(1,000)円/大高生 800(700)円/中小生 400(300)円
※( )は20名以上の団体・割引料金・前売券ならびに65歳以上の方
※毎週土曜日は中小生無料
※身体障害者の方は半額[証明書等をご提示下さい]
主催者
「栄光の大ナポレオン展」実行委員会(東京富士美術館、毎日新聞社、NHKプロモーション)
概要
このたび、フランス皇帝ナポレオン1世の戴冠式200周年を記念して企画した海外文化交流展「栄光の大ナポレオン展 文化の光彩と人間のロマン」を開催いたします。

本展のテーマは「ナポレオン―ヨーロッパと文化:もうひとつの勝利」です。ナポレオンの輝かしい戦勝の事績や、ナポレオン法典をはじめとする政治・経済・教育等の多大な業績については、誰しもが知るところですが、文化という視点で彼を捉えるとき、そこに独創的にして近代的な発想、普遍的にして力強い創造性を発見することができるでしょう。

本展では、そうしたナポレオンの文化性と世界性を、ナポレオンと芸術、帝政様式の伝播、ヨーロッパのナポレオン家、手工業の繁栄、現代に生きる遺産といった要素で探りながら、英雄の趣味と豪奢なスタイルの創造、文化施設の創設や都市計画に賭ける情熱、皇后ジョゼフィーヌや兄弟姉妹たちの栄華、セーヴル陶磁器に代表される工芸美の極致、ジュエリー芸術の粋などを紹介してまいります。

第1部「文化、それはナポレオンのもうひとつの勝利」では、フランスの美術館・機関と日本のコレクションからの展示品を中心に、ナポレオンの文化力を表現いたします。第2部「ヨーロッパ、それはナポレオンのもうひとつの祖国」では、イタリア、ドイツ、ロシア、ベルギー、オーストリア、アメリカの美術館、個人コレクションからの展示品を中心に、ナポレオンの国際性を披露いたします。

あわせて8カ国からの参加により、300点以上にのぼる多彩な展示品をもって開催する本展が、日本の鑑賞者の皆様にとって新しいナポレオン像を発見する機会となることを期待するものです。
ホームページ
http://www.fujibi.or.jp/
会場住所
〒192-0016
東京都八王子市谷野町492-1
交通案内
バス_

JR八王子駅
北口・西東京バス12番のりばより
(ひよどり山トンネル経由)
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

北口・西東京バス11番のりばより
(八日町経由)
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

京王八王子駅
西東京バス4番のりばより
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環

JR拝島駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス3番のりばより
工学院大学(高月経由)行き、「創価大正門東京富士美術館」で下車
純心女子学園行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

JR秋川駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス2番のりばより
京王八王子駅(サマーランド、ひよどり経由)行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

高速道路_

中央高速八王子インターチェンジ
第2出口より八王子市街方面へ進み、国道16号に合流。
三つ目の信号(谷野街道入口)を右折、直進し、二つ目の信号(谷野町)を右折。

圏央道あきる野インターチェンジ
秋留橋を左折し、国道411号線(滝山街道)に合流。
国道16号方面(八王子市方面)へ直進(6km)。
純心学園前交差点を右折し直進(700m)。
ホームページ
http://www.fujibi.or.jp/
東京都八王子市谷野町492-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索