タイトル等
野田正明展
ニューヨークからのメッセージ
会場
ふくやま美術館
会期
2006-01-13~2006-03-12
休催日
月曜(祝休日の場合翌日)
開催時間
9:30~17:00
観覧料
一般共通券 1,000円(所蔵品展ともにご覧いただけるチケットです)
一般900円(700円)/中高生500円(400円)/小学生400円(300円)
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
主催者
(財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま美術館/福山市教育委員会/中国新聞備後本社
概要
福山市新市町出身で、現在ニューヨークを拠点にアジア、ヨーロッパと国内外で幅広く活躍する野田正明。本展では、その初期から近作にいたる版画作品をはじめ、近年とくに新たな展開が見られる絵画、立体作品などにより、野田芸術の全貌を紹介するものです。
1977年、野田が渡米後にニューヨークで手がけたシルクスクリーンによる版画は、70回から100回以上も色を刷り重ねて完成されるという、極めて緻密な工程を経た高度なものへと発展していきます。「Dimension(次元)」シリーズなどをはじめとする、それらの作品は、透明感があり、心地よい清涼感を多くの人に感じさせるとともに、螺旋状に激しく渦巻く雲や水の流れを思わせる独特の抽象表現によって、洗練されたニューヨークにおいても高く評価され、注目を集めてきました。
2002年には「紙上の一世紀、アート・スチューデンツ・リーグ作家の版画1901-2001」展の出品作家として、同校(1875年創立の美術学校)の100年間の作家の1人にも選出されました。2003年には、中国・深しんせんでの個展をはじめ、深美術館前にモニュメント《飛翔 IV 天空昇》が設置され、これを機に2005年、ギリシャ・デルフィ(アポロ神殿のとなり)においてもステンレス製の高さ3.8mの《アポロの鏡》が永久設置されるなど、その活動の領域も国際的に広がりつつあります。
本展では、時代とともに目まぐるしく変貌するニューヨークのなかで、アーティストとして生きる野田の現代へのメッセージをお伝えいたします。
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/
展覧会問合せ先
Tel 084-932-2345 Fax 084-932-2347
会場住所
〒720-0067
広島県福山市西町2-4-3
交通案内
●JR福山駅北口から西へ約400m
●山陽自動車道「福山東I.C」から車で西へ約20分
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-museum/
広島県福山市西町2-4-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索