タイトル等
和田誠の絵本の仕事
会場
ふくやま美術館
会期
2005-07-16~2005-09-25
休催日
月曜休館 ※ただし、7/18(月、祝)、9/19(月、祝)は開館し、7/19(火)、9/20(火)は休館します。
開催時間
9:30~17:00
観覧料
一般共通券 1,000円(所蔵品展ともにご覧いただけるチケットです)
一般900円(700円)/中高生500円(400円)/小学生400円(300円)
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
主催者
(財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま美術館/福山市教育委員会/中国新聞備後本社
概要
和田誠は、週刊誌『週刊文春』(1977年~)の表紙のイラストレーターとして、映画の名セリフをテーマにした7冊からなるエッセイ『お楽しみはこれからだ』(1975年~1977年)の著者として、映画『麻雀放浪記』(1984年)の脚本家、監督としてなど、幅広い活躍をしています。
この展覧会は、その彼の絵本の世界に焦点をあてた初めてのものです。
その原点にグラフィック・デザイナーとしての顔を持つ和田誠の絵本には、生粋の絵本作家とは一味ちがうアイデアも展開されています。色指定や特色三色刷りといった印刷技術までも技法として取り入れる趣向が凝らされているのです。そこに私たちは、絵本が表現できる無限の可能性を知ることになるでしょう。
本展は、出版から30年たった今も、アニメーションにも似た場面展開を、本を上下に開くという着想で成功させた『あな』(文:谷川俊太郎/1976年)をはじめ、『密林-きれいなひょうのはなし』(文:工藤直子/1975年)、『あめだまをたべたライオン』(文:今江祥智/1977年)、『びりのきもち』(文:阪田寛夫/1988年)、『旅』(1991年)、『ねこのシジミ』(1996年)、などの15冊の絵本の原画に、『マザーグース』~(訳:谷川俊太郎/1981年)の挿絵、書籍資料など約170点で構成されています。
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/
展覧会問合せ先
Tel 084-932-2345 Fax 084-932-2347
会場住所
〒720-0067
広島県福山市西町2-4-3
交通案内
●JR福山駅北口から西へ約400m
●山陽自動車道「福山東I.C」から車で西へ約20分
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-museum/
広島県福山市西町2-4-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索