タイトル等
画家の愛した世界展-日本近代画家たちのまなざし-
(マイセン館)ウッドワン美術館名作選'06春季/(本館)文化勲章受章作家による珠玉の絵画展
会場
ウッドワン美術館
会期
2006-04-04~2006-07-02
休催日
毎週月曜日
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
単館券(マイセン館または本館)一般:900円、高大生:500円/共通券(マイセン館と本館)一般:1500円、高大生:800円 ※中学生以下、障害者の方無料
主催者
ウッドワン美術館
中国新聞社
概要
この度、二つの絵画企画展示からなる「画家の愛した世界展 ~日本近代画家たちのまなざし~」を開催いたします。本展は、館蔵品の中から、日本近代美術界を代表する画家約40人の作品を精選し、各画家の個性に富む画世界をご紹介するものです。
別館(マイセン館)に新たに設けた特別展示室では、岸田劉生《毛糸肩掛せる麗子肖像》をはじめ、高橋由一《官軍が火を人吉に放つ図》、梅原龍三郎《霧島》のほか、新収蔵の横山大観作、幻の名画《三保之不二》と佐伯祐三《リュ・エルネスト》など、館蔵品の中から厳選した日本近代絵画の逸品を特別公開する「ウッドワン美術館名作選’06春季」を開催いたします。
また本館では、特に大きな足跡を残した文化勲章受章作家約40人を選りすぐり、それぞれの画家の極めて代表的な作品の数々を、エピソードを交えてご紹介する「文化勲章受章作家による珠玉の絵画展」を同時開催いたします。出品作品は、文人画家としての理想郷を描いた富岡鉄斎《西園雅集図》や、優美かつ気品に満ちた美人画を数多く手掛けた上村松園の《春》、平山郁夫《エジプトの少女(王家の谷ルクソール)》、安田靫彦《森蘭丸》、小倉遊亀《夏の客》をはじめとする日本画約30点、その他、典雅な作風による官能的な裸婦表現を特徴とした岡田三郎助《花を持てる裸婦》、瑞々しい筆致で滞欧時の恋人を描いた安井曾太郎《赤衣婦人立像》、梅原龍三郎の《富士山図》や《浅間山秋景》など油彩画約30点の計約60作品。
ホームページ
http://www.woodone-museum.jp
展覧会問合せ先
電話:0829-40-3001
会場住所
〒738-0301
広島県廿日市市吉和4278
交通案内
○公共交通機関

広電バス(JR宮内串戸駅から80分程度)

石見交通(広島駅北口から90分) +吉和SAからの送迎10分
※石見交通をご利用で、「吉和S.A.」バス停からの送迎をご希望の方は、3日前までに美術館にご連絡下さい。
(TEL:0829-40-3001) 完全予約制
[ご注意] 吉和SA~美術館はタクシー・バスはございません。

○お車
中国自動車道 吉和I.Cから 約2km
ホームページ
http://www.woodone-museum.jp/
広島県廿日市市吉和4278
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索